*STRAY PIECE

FF7ツォン×ルーファウスの長編小説「STRAY PIECE」専用のカテゴリです。

*STRAY PIECE

STRAY PIECE(67)【ツォンルー】

67:軌道修正と最後の願い      「駄目――――!!やめて、サインなんかしないで!!」 ビクッ、として思わず万年筆が手から滑り落ちる。 それと同時に、ルーファウスの左手を握りこんでいた男の手がすっと離れ...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(66)【ツォンルー】

66:受け継がれた”遊び”         目の前がゆらりとしている。 その中でルーファウスは、かつてあの純血種が褒めた自分の狩猟の腕について思い返していた。 さすがですね、純血種はそう言っていたか。...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(65)【ツォンルー】

65:黒幕は誰だ?         走り続けたせいで息がぜえはあと切れていた。 それでも敵を追い詰めることが出来れば、息なんて絶えても良い。 そう思いながら走り続けて中庭にまで身を躍らすと、その広大な...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(64)【ツォンルー】

64:小さな手に引かれて          誰かに手を引かれている。 暗がりの中でルーファウスが理解したのはその感覚だった。 レノはあの金髪の男に向かっていったのだから、この手はレノの手ではない。勿論...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(63)【ツォンルー】

63:金髪の悪童          立食パーティである為に、恐ろしいほどの人垣が出来ている。 それなのにそこだけ奇異に感じたのは、そのテーブルにだけ“普通ではないもの”が置いてあったからだろう。 普通...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(62)【ツォンルー】

62:情報共有          「何てことをしたんだ!分かってるのか、お前は“身辺”警護なんだぞ!今回の件は確かに個人的な依頼だったかもしれないが、内容としては任務のそれに匹敵しているんだ。そのくらい分かるだろ...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(61)【ツォンルー】

61:焦燥と遭遇と          会場は俄かざわめいていた。 先ほど響いた破壊音が問題だったのだろう、VIP達は顔をしかめながら口々に何かを囁きあっている。 そんな不穏な雰囲気を払拭すべくプレジデ...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(60)【ツォンルー】

60:潜入        「すみません、マダム」 眼前のメイドが申し訳なさそうにそう言って頭を下げてくるのを、マリアは悠然と笑いながら躱す。 マダムなどと呼ばれる身分ではないのだが、此処はそれを貫き通...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(59)【ツォンルー】

59:不審な音        ほんの一瞬だった。 ツォンの姿を見たような気がしたのはほんの一瞬のことで、それはすぐさま姿を消してしまったものである。 しかしそれでもレノがその曖昧な視覚情報を元にツォン...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(58)【ツォンルー】

58:レノの離席    そんなことをつらつら考えながら適当に会話をしていたレノの前で、パティシエとドクターがふっと動きを変えた。 二人は純血種の耳元で何かを囁くと、小さく礼をし、ルーファウスとレノに対しても同じように会...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(57)【ツォンルー】

57:純血種とパティシエとドクターと    バットタイミングだ、そう思って振り返った先にいたのは例の純血種の男で、彼は一際ぴしりとしたタキシードに身を固め爽やかな笑顔を浮かべていた。 「ルーファウスさん、お久しぶりです...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(56)【ツォンルー】

56:パーティ開始    それはどうやらパーティの始まりを告げる鐘の音であるらしく、その音と同時に主賓であるプレジデント神羅が姿を現す。 その姿が見えた瞬間、会場からは当然のように大きな拍手がおこり、その場は俄か一体感...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(54)【ツォンルー】

54:想いを果たすために        やっぱりな、思った通りだ。 レノはタークスの任務に戻りながらもそんな事を考えていた。 今しがたルーファウスの元で今日のパーティについて再確認などを行っていたが、...
*STRAY PIECE

STRAY PIECE(55)【ツォンルー】

55:神羅邸にて        今夜、何かが起こる。 何の確証も無かったが、マリアはそれを感じていた。 ツォンがいつもと違う行動をする…つまりパーティなどというおよそ日常とはかけ離れた変則的な行動を取...
タイトルとURLをコピーしました